ひだまり

人生後半はゆっくりと心静かに過ごしていきたい

亡き母に届いた手紙

母が今の自分の年の頃、日帰りで旅行したりする仲の良い友人たちがいた。

そんなご友人たちも、ご主人の旅立ちがあったり転居したりで数十年が経っている。

今日、そんなご友人のお一人から母に手紙が届いた。

母より年配者であったおばちゃんは もう90過ぎ。

転居先がわからなかったけど、その手紙で入居先の施設がわかった。

コロナ禍じゃなきゃ会いに行くんだけどね、ごめんねおばちゃん、今はこの辺の高齢者施設は面会禁止になってるから 残念だよ。

 

「寒いけど元気でいてくれたら嬉しいです」と

・・・・・いつまでも母を気遣ってくださってありがとう・・・

賑やかで元気で、楽しそうに集まっていたよねぇ、あの頃は。

はぁ、涙はいつまでも枯れませんゎ。

お仏壇に、「お母さん、〇〇のおばちゃんからお手紙きたよ。返事は出しておくからね」って供えたんだけど

「あら まぁ!」って喜んでる?よね。

・・・つーんと淋しくなる・・・

 

手紙の中で、おばちゃんの子どもさんが最近病死されたことが書かれてた。

「夜になると淋しいです」って・・・

「足も痛いし、腰も痛いし、でも頑張りましょう」・・・

・・・涙が又出る。

f:id:mattarito1:20201128203656p:plain

母宛ての、同じ年代の友人に聞いてほしかった思いが たどたどしく書かれていた。

おばちゃん 達筆だったのに・・・きっと、時間をかけてこの手紙書いてくれたんだね。

お母さんが入退院してる時も、お手紙くれてたねぇ。

知らない間にいなくなって、近所の人から施設に入居したって聞いてたけど、どこの施設かわからなくてね、母のこと連絡できなかったんだよ。ごめんね。

 

返事は・・・母の代わりに「ありがとう」って書きます。

でも、返事書きにくいです。母が彼岸に行ったと知ったら おばちゃんまだまだ淋しくなるもんねぇ・・・

返事書くまで少し時間くださいね。

 

 

寂聴さんが、今読んでいる本(寂聴 九十七歳の遺言)の中で

「何度繰り返しても「別れ」は辛く苦しい」と・・・

『この世で一番辛いのは、愛する人と死に別れることです。愛する人が自分よりも先に死ぬ。可愛い子ども、仲のいい夫、恋人、不倫の相手、親友が死ぬ。色々あります。やはり愛する人が死ぬのが一番辛いでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・人間は、いつか死ぬものだから仕方がないとはいえ、やはり心は乱れるものです。』

 

『ごはんを食べようと思ったら、いない。突然雨が降ってきた時「降ってきたね」と言いたいのに、いない。この間まで一緒にいた人がもうこの世にいないのだから、何をするにも孤独を感じてしまう。それはこの上なく辛いことです。・・・・・・・・・・』

                      

孤独は、皮膚のように自分にくっついているものだけど、自分が幸福な時や幸福だと思っている時にはその孤独に気がついていないらしい。

 

『私たちが自分の孤独に気づくのは、自分が不幸だと思った時でしょう。

お金がない時、病気になった時、試験に落ちた時、何かの競争に負けた時、自分の意見が通らない時、仲間外れにされた時、誰かに裏切られた時、愛する人の不幸を自分の力で慰められないと気づいた時、そして愛する人との生き別れ、あるいは死に別れ・・・私たちが不幸だと思う時を数えあげたらきりがありません。』

と、記されているけど、ほんとにそうだね。

 

両親が旅立ったことや、最近では寂聴さんの本を読みだしたことから仏教に少し耳を傾けたりする自分がいる。

お釈迦様が説いている「四苦八苦」、「苦」には八つの苦しみがあり、世の中は思い通りにならないことばかりであると・・・

 

人は生まれながらに孤独なものだと自覚して・・・そう言われて、その後どう気持ちを持ち換えたらいいのか・・・そこに耳を傾けてみよう・・・

 

夫の存在

自分が元気な時は、ちょっとのことで 夫のことを気に入らないやらめんどくさいやら言ってる私なんだけど•••••

ついつい短所ばっかり目について、いいとこもあるのにそこは当たり前とか思ってたりして、私も何様って感じだよねぇ。

(まぁ、その辺はお互い様なんだろけど)

 

今回少しばかり体調崩して1日布団に潜り込んで過ごした時、

一人暮らしじゃなくて夫がいてくれたことに深く感謝した。

長年夫婦やってるので、これまでも何度となく気付かされてたことなんだけど、喉元過ぎれば、でねぇありがたみを忘れちゃう💦

全くの一人暮らしだと、動きたくないだるい時でも自分でなんでもしなくちゃいけないんだよね••••

 

ベッドから「水ほしい」「果物食べたい」「お粥」なんて言いたい放題の私なんてありえないよねぇ。

 

ぃや、用事頼めるから助かるとかって話じゃなくて(それもあるにはあるけど)、どうや?と声かけて心配してくれたり、そこに夫の存在があるだけで安心できると言うか•••

特に年をとってからの一人暮らしは、自分が動けなくなったら、って言う不安はとても大きいと思う。

多くの人がいつかは独りになる。

ヘタレの私は、先に逝くことをいつも祈っているのだけど、そんなことどうなるかわからない。

自分が独り残っての生活、私なんかやっていけそうもない。けど、そうなったらそうで、寂聴さんの言う定命を全するまでは生きていかなくちゃいけないんだ•••

 

夫の存在、感謝でしかないんだなぁ。

子供たちよりうんと頼りになるのは間違いないし。

今の自分はありがたい境遇にいるんだと、日頃の反省をした。(繰り返してるねぇ💦)

夫よ、ありがとう!

(元気になると、またゾロ色々なありがたみを忘れたりするんだよねぇ、いかんいかん!覚えておくためにもカキカキ)

風邪のひき始めかな?

たまぁ〜に コホッと咳がでる。

う〜ん 孫たちのをもらったかな?

喉 やられやすい方だから、ほんの少し声がかすれがちになってる💦

やばいやばい(;´Д`A

 

大阪の本日の感染症報道では、新規感染者数が東京超えで、重症病床使用率50%に達したと。

近隣病院でも埋まってると聞くし。。。

 

ワクチン予防が救世主になれば いつまでも今のような状態は続かないのだろうけど、それはいつなんだろう??

 

疲れた体の隙をつかれたら大変💦

入浴後の火照りもおさまったので、今夜は早々に就寝💦

とりとめなく・・・

■3連休 最終日の午前。

夫婦2人、それぞれの部屋でそれぞれの時間を穏やかに過ごしている日。まぁ、夫は仕事をしているようだけど。

孫たちの喧騒も聞こえず静かだゎ。

f:id:mattarito1:20200620185608p:plain

数年前の私の至福の時間は、かわいいかわいい愛犬を抱き抱えて2人で昼寝ができる時間だった・・・。なんともいえない幸せで平和だなぁとしみじみ感じていた時間。

今でもあの仔の寝息、匂い、顔にもぞもぞ当たる毛並み、乾いた鼻頭、ぷにゅっとした肉球・・・忘れられません。この手に感触が残っていて、遺影をなでるとその感触が伝わってくるような・・・

病気と闘いながらも老年まで頑張って一緒に過ごしてくれて感謝です。えらい仔です。

虹の橋のたもとで待っていてくれてるんだろうな。今じゃ、あの仔の好きだった私の父や父たちの愛犬も一緒で賑やかだろうな。よかったよかった。

(あぁ、なんか (T_T)・・・・)

 

さて、今日はこれからどうしよう?

予定では旅行用の買い物やら準備やら、となっていたのだけど、キャンセルしちゃったし、なんだか腑抜けた感じ。

f:id:mattarito1:20201004190723p:plain

なんとなくスマホゲームのポケキャンして、

ネットで図書の延長貸し出しと予約を入れた。3冊目、寂聴さんの「くすりになる言葉」を予約。

それからそれから?どうする 私?

趣味の手仕事を数ヶ月ぶりにやってみようか?道具や資材は準備万端のままで待ち構えているし、この部屋だってその趣味用に整えているんだし、ここだけ時を止めたままでは勿体ないし・・・

断捨離や遺品整理、エンディングノートの続きもあるけど 今は気が乗らない。

どうやら頭も体も「静」に入っている・・・軽くエンジンだけはかけとかないとバッテリー上がった状態になりそうだなぁ。

ということで、久ーしぶりに趣味の時間に突入してみよう。

あら、もうお昼になった💦

Go to トラベルをキャンセル

■とっても残念だけど、今回はキャンセル( ノД`)

大阪では昨日400人超え。

本日は490名との発表があった。急激な増加のせいか府の報道発表サイトでは、『詳細発表は、取りまとめに時間を要するため、20時半頃の予定・・・」となっていた。

 

近隣の大手病院で新たにクラスターも出ている・・・

無症状感染者が多い中、こうなると、自分が知らない内に感染者になっているリスクも益々高まってくる・・・

 

300人超えの時に「今回はキャンセルする?」と夫に相談した時、夫は「予約した時は今みたいに感染者が急増していなかったし、今急にこんな状態になったんだからしょうがない。注意して行こう」と言っていたけど、さすがに1日置かずして400人超え、政府もやっと重い腰を上げて「Go to制限」を発表したことで「どうする?」と心配になった様子。

f:id:mattarito1:20201122130330j:plain

旅行先は決して感染拡大地域ではなく、旅行先での目的地も景観目当てだったり、ホテル内でも部屋食対応にしていたりと、予約前から私たちなりの感染予防対策を考えての行程ではあったけど・・・

それでも、自分たちの居住地が「感染拡大地域」となってしまっては・・・

人それぞれの考え方なので、他の方たちがどう決定しようが それはそれ。人それぞれで何とも思わないけど、

私たちは今回キャンセルを選択。

キャンセル料まで発生してしまったけど、それでも心配しながら行くよりは気持ちが楽になると考えた。

 

行ってみて「大丈夫だった」「大丈夫じゃなかった」は結果論でしかないし、どれだけ感染予防対策をしていても してもらっていても、罹患リスクは双方「ゼロ」にはならない。 

いつ 誰が 「もらい事故」ならぬ「もらい感染」するかわからない。

リスクマネジメントはできる限りの予防に徹するしかない・・・

 

今は、孫たちが心配。重症にならないらしいとは言え、全世界がcovit-19に翻弄されているのだから 油断は禁物。